オンラインでコンピュータサイエンス第2学士取得・編入可の海外大学まとめ

すでに学士号を持っている方向けの第2学士号プログラムを紹介

こんにちは、です。

僕は現在、エンジニアをしていますが、日本の大学の文系学部を卒業しており、コンピュータサイエンスの学士号を持っていなかったため、コンピュータサイエンスの第2学士号をオンラインで取得できる海外大学、願わくば編入可能な海外大学を探していました。

そして最近、候補の一つであったオレゴン州立大学のコンピュータサイエンス学部から合格をいただきました。

その時の上記ツイートの反響が結構あったので、それまで検討していた、オンラインでコンピュータサイエンスの第2学士号プログラムを提供している大学をまとめていきます。

【前提】編入学と第2学士号プログラムの違いとは?

まず誤解を避けるために、編入学と第2学士号プログラムの違いを説明します。(今回の記事で紹介するのは第2学士号プログラムを提供している大学になります。)

編入学

  • 準学士号でも入学可能(コミュニティカレッジ卒・短期大学卒)
  • 入学後に単位移行が必要

第2学士号

  • 学士号もしくはそれ以上の学位保持者のみ入学可能
  • 入学後の単位移行が不必要

大きな違いとしては上記の通りです。

準学士号の方は、直接学部入学もしくは、編入学のみが選択肢となるため、第2学士号プログラムは基本的に対象外となるかと思います。

学士号をすでに持っている方は基本的に第2学士号プログラムをおすすめします。理由としまして、日本の大学から海外の大学へ編入する際の単位移行が非常に難しいケースがあるのと、文系学部の単位をコンピュータサイエンス学部へ単位移行する場合は、全ての単位を移行することができない可能性が高いためです。大学1・2年次の基礎科目・共通教育科目が移行の対象単位となるとはいえ、基礎数学等の要件が文系と理系では大きく異なるためです。

第2学士号プログラムであれば、学士号取得者という要件が、大学の基礎科目・共通教育科目の要件をすでに満たしているという扱いになるため、単位移行がなく、大学3・4年次の専門科目のみ受講し、第2学士号を取得できるプログラムになっているため、不確定要素がないために非常に楽です。

海外渡航なし、オンラインでコンピュータサイエンスの第2学士号を取得できる海外大学まとめ

私が候補に入れていた海外大学は以下の2校です。

  • Oregon State University(オレゴン州立大学)
  • University of Colorado at Boulder(コロラド大学ボルダー校)

上記2校は、下記基準に基づき選出しています。

  • アメリカの大学かつ現地でも知名度がある
  • 現地校でFAANG(Facebook, Amazon, Apple, Netflix, Google)などの企業がリクルーティングに来ている
  • プログラム卒業者がある程度いるかつ卒業後の進路も良い
  • 大学ランキングが高い
  • 日本からでもオンラインで最短2年で卒業できる

この基準に従えばある程度のネットワーキング力とプログラムの権威性が保証されるのではないでしょうか。

1. Oregon State University(オレゴン州立大学)

大学ランキング

  • US News&WorldReport (2022)
    • #162 in National Universities
    • #72 in Best Undergraduate Engineering Programs
    • #63 in Computer Science
    • #5 in Best Online Bachelor’s Programs

学費

  • 1クレジット:$549
  • 卒業までに必要なクレジット数:60
  • 合計コスト:549 x 60 = $32,940 = ¥4,474,355
    • 2022年6月7日時点の円安の影響で、学費が450万円近くになってます。
  • 上記以外にも何らかのfeeや教材費で上乗せされる可能性がありますが、奨学金が適用される可能性もあります。
    • 僕は$6000(80万円ほど)の奨学金が適用されてました

出願要件

  • コンピュータサイエンス学部を除いたアメリカの4年間の学士号と同等の学位を持っていること
  • 以前の学士号のGPAが最低でも2.75あること
  • TOEFL iBT 80以上
  • College Algebra(大学代数学)かPre-Calculus(微積分の前段階)の単位をB以上で修了していること、もしくはCalculus(微積分)をC以上で修了、もしくはAP Calculus(応用微積分)のテストで3以上のスコアを取っていること

プログラム内容

  • コースエクスプローラーで取得可能な単位と講義を受けた人のレビューを見ることができます
  • OS, Database, Data Structure, Algorithms, Discrete Structures, Networkのような基本的なCS科目のほか、Web Development, Mobile Software Development, Cloud Application Development, Parallel Programming, Open Source Softwareなど、専門的な内容の科目もあります
  • 最短1年で卒業できます
  • オンラインでコンピュータサイエンスの学士号プログラムをいち早く提供した大学の一つであり、卒業者が多く、卒業後の進路としてもFAANGにソフトウェアエンジニアとして入社する人も多く、一番に選択肢に入る大学とも言える

取得学位

  • Bachelor of Science in Computer Science
  • 完全に通学制と同等で、修了証等も通学制と同等になります

2. University of Colorado at Boulder(コロラド大学ボルダー校)

大学ランキング

  • US News&WorldReport (2022)
    • #99 in National Universities
    • #31 in Best Undergraduate Engineering Programs
    • #38 in Computer Science

学費

  • 1クレジット:$847
  • 卒業までに必要なクレジット数:45
  • 合計コスト:847 x 45 = $38,115 = ¥4,898,158
    • 2022年4月22日時点の円安の影響で、学費が500万円近くになってます

出願要件

  • 認定された大学での4年間の学士号取得者
  • 以前の学士号のGPAが最低でも2.75あること
  • Calculus、もしくはAP CalculusをC以上で修了、もしくは数学準備コースの完了、もしくは数学テストの合格
  • TOEFL iBT 83以上

プログラム内容

  • 公式サイトで必須科目・選択科目を確認できます
  • 基本的なCS科目に加えて、データサイエンス科目を中心とした選択科目があり、どちらかというとデータサイエンティスト向けです
  • 日本からでもオンラインで最短2年以内で卒業できます
    • 必要クレジットは45ですが、オレゴン州の4学期制とは違い、コロラド州は3学期制ですので、1年で受講できる科目数が少なく、卒業が遅れます
  • 比較的新しめのコンピュータサイエンス第2学士号プログラムであり、海外の掲示板等でもあまり情報がないですが、通学制と同等の講義のため、ある程度の品質は期待できそうです

取得学位

  • Bachelor of Science in Applied Computer Science
    • 通学制の学位はBachelor of Science in Computer Scienceとなるので、区別されています

まとめ

文系卒からコンピュータサイエンスの第2学士号プログラムに応募する場合、英語の要件と数学の要件を満たすだけで応募することができます。

数学の要件を満たすためにオンラインでアメリカの大学で数学の単位を取得できますし、GPAが低い場合は、アメリカのコミュニティカレッジ等でオンラインでコンピュータサイエンスの基礎科目を先に高いGPAでパスし、Statement of Purposeなどの書類で意欲と最近取得した単位の成績をアピールすることができます。

さらに、先に取得した単位を第2学士号プログラムに進学後に単位移行することができるので、費用を浮かせることも可能です。ここら辺のTipsについては後日記事にします。

【関連】オンラインでコンピュータサイエンス修士が取れる海外大学院まとめ
【関連】オンラインでコンピュータサイエンス学士を取れる海外大学まとめ

Youtubeチャンネル
Loading...
Loading...
Masaki Nishi

Masaki Nishi

現在はAmazon Web Servicesで働きながら、オレゴン州立大学のコンピュータサイエンス学部にて社会人学生をしています。 昨今の急激な円安に嫌気が差し、外貨を稼ぐために海外逃亡を試みてます。

詳細プロフィール